胸の大きさは何で決まる!?胸にまつわるエトセトラ

2016年3月24日

身体に関する女性のコンプレックスの一つとしてよく取り上げられるのが胸の大きさですが、どうすれば自分の理想に近づくことができるのか難しいところですよね。自分の胸が小さいと感じていてそれがなんとなく寂しい、大きな胸になりたいと主張する方もいますし、反対に大きいと肩が凝ってしまったり走る時に揺れてしまって痛いなどの理由から小さくしたいという方もいます。多くの女性の悩みの種である胸の大きさですが、どうすればサイズを変えられるのか、そもそも変えることなんてできるのか分からないことばかりです。そんな胸に関するエトセトラについて考えていきましょう。

胸の大きさは遺伝によって左右されるもの?

両親とはありとあらゆる面において共通点や類似点がありますが、胸の大きさについても同様で生まれつき遺伝によって決まっているのではないかともよく言われていますよね。中でも胸の大きさは身長と特に大きく関わりを持っているという意見を耳にしたことがあります。身長が高い人は栄養が背を伸ばすことに用いられるために胸が小さめになり、身長が低い人は反対に胸に栄養が用いられ大きくなるらしいのです。話としては面白い見解ではありますが、努力することによって理想の胸の大きさにすることができないというのはなんだか残念なような気がしてしまいますね。

年齢による胸の成長の過程

胸のサイズはいつ頃から大きくなりはじめ、そしてどれくらい経ったら変動が無くなるのでしょうか。少女と呼ばれていた頃から大人と呼ばれるようになるまでに胸の大きさは変化していくものですが人によって個人差がとても大きく、具体的に何歳から成長が始まるということを言うのは難しいようです。しかし初潮との関係が深く、目安としては初潮の前後約4年間の間に成長していくと考えて良いのだそうです。言われてみれば生理に関する話題が友人間や保健の授業などで出始めたくらいの年齢あたりから成長し始めるような気がしますね。胸は乳頭周辺から膨らみ始め、やがて膨らみは横に広がっていき、立体的に膨らんだ胸はやがて丸みを帯びるようになり大人の女性の胸へと変化していきます。

痩せているけど胸が大きい理想のプロポーションになるには?

ボン、キュッ、ボンが理想の体型とよく耳にしますが、痩せようとダイエットをすると胸の大きさも一緒に減ってしまい、痩せた身体と豊かな胸を一度に両立するのはなかなか難しいですよね。食事制限なども関係しているのかもしれませんが、運動などをして揺らしてしまうことでも大きさが小さくなってしまうのだそうです。華奢な身体に大きな胸というまさに理想のプロポーションを有しているグラビアアイドルの女性の中には、胸をさらしなどで固定して揺らさないようにした状態で運動をすることで、胸は大きいまま身体だけ痩せるという理想を実現しているという方がいらっしゃいました。


関連記事

Top