ダイエット中の朝食は食べる? 食べない?

2016年5月31日

ダイエットをしている人がぶつかる壁の一つとして、「食事を摂るべきか、摂らないべきか」という葛藤があります。特に朝食というのは、ダイエットの結果を左右しやすい位置にあるものですので、どうしようか迷ってしまうことも多いでしょう。食べるダイエットをしている人もいれば、食べないダイエットをしている人もいるというのが現状なのですが、実際にはどちらの方を採用した方がメリットがあるのか、細かく検証していきたいと思います。せっかく大変な思いをしてダイエットをしているのであれば、綺麗に痩せる方を採用したいですものね。

朝食を食べるダイエットのメリット・デメリット

朝食を食べるという選択を採用した時の、メリットとデメリットについて説明したいと思います。まずはメリットですが、胃腸の動きを良くしてくれますので便秘解消につながります。次に代謝が上がりますので、エネルギーを熱に変えて脂肪の燃焼を助けてくれます。ダイエット中の方は、バナナやヨーグルトといった物を中心に摂ると良いでしょう。
次にデメリットについてですが、適量を摂るのがダイエットに一番良いのですが、過剰に朝食を摂取してしまう人にはデメリットになってしまいます。量を調整しながら朝食を食べるのが一番効果的です。

朝食を食べないダイエットのメリット・デメリット

朝食を食べないという方法を選択した時の、メリットとデメリットについては、以下のようになります。まずはメリットですが、少しでも身体の中に入る食べ物を減らすことで、一時的なダイエットには最適と言えるでしょう。
次にデメリットについてですが、朝食を食べないと身体が飢餓状態になってしまい、どんなエネルギーでも摂取してやろうという体質になってしまいます。ですので、昼食を摂った時には不要なものまで一気に身体の中に取り込んでしまうのです。そうなると、朝に抜いた分は相殺されてしまいますので結局体重は減りません。逆に余計なお肉になってしまいます。

自分の体質や体調に合わせて選ぶことが大切

結果として、健康的に美しくダイエットを成功させるためには、栄養バランスを考え、節制した朝食を少量摂るというのが一番良い方法だということが分かります。
しかし、その日の体調にもよりますので、どうしても食べられない時に無理に口に押し込むことは避けた方が良いでしょう。胃腸にムダな負担がかかってしまいます。
さらに個人の体質にもよりますので、ゆっくりで良いので、自分に合う朝食を見つけていきましょう。ダイエットの成功という目標を掲げながら、考える時間もとても大切です。無理はせず、綺麗に痩せられると良いですね。


関連記事

Top