生理前に胸が張るのって自然なこと?痛みを和らげる方法が知りたい!

2016年5月23日

毎月生理になると起こる胸の張り、パンパンに張るため、動くだけでも痛くて大変。そんな方にお勧めなのが、胸周辺を冷やさないこと。血流が悪くなると、張って余計に痛くなります体を締め付けても血行が悪くなるため、締め付ける服装を避けましょう。そして、バランスの良い食事をしましょう。ホルモンバランスは食事の内容で大きく左右されます。普段からダイエットをして食事バランスが悪い人は、肉や魚、野菜などを食べるように心がけてください。運動をして血流を良くすることで、胸の張りを抑える方法があります。ストレスを感じる人はアロマや運動をしてリフレッシュしてください。

生理前の胸の張り・・・痛いし誰か何とかして!

毎月生理になると、女性は様々な問題をあげます。お腹が痛い、頭痛や吐き気、だるくて何もできない。代表的な症状は胸の張りです。多くのかたが、この痛みを訴えます。パンパンに張るため、動くだけでも痛くて大変。何とかしたい。そんな方にお勧め、辛いこの痛みを和らげる方法があります。まずは胸周辺を冷やさないこと。血流が悪くなると、張って余計に痛くなります。体を締め付けても血行が悪くなるため、締め付ける服装を避けましょう。また、デスクワークをしている方は、同じ姿勢を長時間すると、胸回りの血行が阻害されるので、一時間に一度は体をほぐして血流改善をしてください。

そもそも胸が張る原因って何?

そもそも何故胸が張るのでしょうか。実は、乳房にある乳腺という組織が増殖されるからです。排卵後から生理前は、プロゲステロンという黄体ホルモンが分泌され、このホルモンは、妊娠しやすい体を作るためのホルモンです。胸が張るのは、妊娠してから母乳がでる準備をするために、乳腺の組織が増殖するのです。また、他には乳腺線維線腫や乳ガン、化膿性乳腺炎という疾患が原因の場合があります。生理中はホルモンのバランスが乱れるために痛みを感じる人がほとんどですが、耐えられない激痛の場合は上記の疾患が疑われるため、婦人科の受診をお勧めします。

胸の張りを抑える方法とは

生理中の胸の張る症状を抑える方法があります。ホルモンバランスは、食事によって大きく左右されます。普段からダイエットをして食事バランスが悪い人は、肉や魚、野菜など色んな物を摂取することを心がけてください。そして、運動をして血流を良くすると張りや痛みが改善されます。決して激しい運動をするわけではなく、ウォーキングやストレッチなど、普段から続けられる様な軽い運動をしましょう。また、強いストレスはホルモンバランスが乱れます。普段からストレスを溜め込まない様に、アロマや運動など、リフレッシュすることを心がけてください。


関連記事

Top